ナイスの素適な街探し 素適な街探しトップへ

上大岡エリアの子育て事情

上大岡

港南区、南区から成る上大岡エリアは、再開発が進む将来性のある街として、多くのファミリー層がここに住まいを構えている。交通の便もよく、駅前には「京急百貨店」や「ウィング上大岡」といった大型商業施設をはじめ、いつも活気づいている商店街もあり、開発が進む街でありながら、どこかホッとできるエリアだ。また、文化施設や緑豊かなスポットも多く点在しているので、子育てをする家族が自然と地域になじめるのが特徴だ。

横浜市南区役所

子どもの医療費助成については、港南区、南区ともに0歳から小学3年生までは通院と入院の2パターンで助成され、小学4年生から中学校卒業までは入院のみの助成となっている。妊婦に対して妊婦健診費用を援助する妊婦健康診査費用補助券制度は横浜市全域で共通しており、補助券が14枚交付される(4,700円×11枚、7,000円×1枚、12,000円×2枚)。南区役所が運営する南区子育て応援スクエア「みなすく」は、南区の子育て情報がかわいいイラスト付きで見やすく分かりやすく掲載されている。みなすくのマスコットキャラクターも存在するなど、いわゆる従来のお役所仕事とは一線を画す親しみやすいサイト作りで、子育てをする母親に好評なのだとか。

港南スポーツセンター

横浜市では「かがやけ横浜子ども青少年プラン」に基づき、各区に1ヶ所ずつ地域子育て支援拠点を設置している。港南区と南区にも子育て支援拠点があり、支援拠点は「親子の居場所、子育て相談、子育てに関する情報提供、子育てを支援する人材育成、支援者のネットワークづくり」を目的としている。さらに港南区では2012(平成24)年度から“預け預かりあい”機能が加わって、ますます子育て支援の輪が地域に広がっている。「港南中央」駅から徒歩5分の場所にある港南区の子育て支援拠点「はっち」では、父親の育児参加を積極的に呼びかける取り組みも行われている。南区の子育て支援拠点「はぐはぐの樹」は、地域に開かれた場所作りを目指して活動している。また、どちらの区も個人や保育園、幼稚園などが運営している子育てサロンや広場が盛んで、孤立した子育てにならないよう独自の活動を行っている点にも注目したい。

大岡川の桜

緑の多い場所として四季折々の風景が楽しめる上大岡エリア。上大岡の街を穏やかに流れる大岡川沿いは、春になると桜が咲き誇り、毎年3月下旬から4月上旬ごろに開催される南区桜まつりには、多くの家族連れで賑わいを見せる。ファミリーで楽しめる公園も多く、頂上の展望台から「横浜ランドマークタワー」や「横浜ベイブリッジ」など横浜の街を一望できる「弘明寺公園」、ピクニックに最適な南区最大規模の公園「清水ヶ丘公園」、アスレチックや長い滑り台が子どもに大人気の「蒔田公園」などがある。港南区の公園としては、広大な芝生広場がある「久良岐公園」、ログハウスがある「港南台北公園」、水遊びが楽しめるせせらぎがある「日野中央公園」など、広い敷地で子どもはのびのびと、大人はのんびり過ごせる公園が多く点在している。地域が一丸となり子育てを行っている上大岡エリアなら、新しく転居してきた方もすぐに馴染むことができるだろう。

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

「素適な街探し」は、(株)ココロマチが運営する地域情報サービス「itot」を利用してご提供しています。

▲ページの先頭へ