深川不動尊

深川不動尊
深川不動尊

大本山成田山新勝寺東京別院、深川不動堂こと、「深川不動尊」。不動明王を江戸で参拝したいという気運が高まった1703(元禄16)年、江戸で初めて不動尊の御開帳が行われた。それが現在の深川不動堂の本尊であり、以来、江戸の人々の信仰を集めてきた。江戸で不動明王信仰の気運が高まった背景には、一説によると、江戸時代初めに活躍した歌舞伎役者市川團十郎が、不動明王の登場する芝居を行ったためだとか。こうしたエピソードからも御開帳当時の江戸の盛り上がりが感じられる。境内には「開運出世稲荷」も奉祀されている。

深川不動尊
深川不動尊

また、毎月1日、15日、28日には「深川縁日」が行われている。門前仲町交差点の辺りから「富岡八幡宮」までの永代通りの北側歩道から「深川不動尊」の参道にかけて、数多くの露店が並ぶ。開催日には連日、大いに賑わいを見せ、年間を通してお祭りの活気を味わうことができる。

深川不動尊
所在地:東京都江東区富岡1-17-13 
電話番号:03-3641-8288
開扉時間:8:00~18:00
内仏殿参拝時間:1F 9:00~17:45、2・4F 9:00~16:00
※縁日のときは各2時間延長
http://www.fukagawafudou.gr.jp/

読み込み中

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ


PAGE TOP