2018年10月6日(土)自然科学研究教育センター・シンポジウム「昆虫のサイエンス最前線」

「自然科学研究教育センター・シンポジウム」は、慶応義塾大学日吉キャンパスで開催されているイベントで、一般・学生・教職員を対象に、さまざまな分野の研究者が講演を行っている。今回は、「昆虫のサイエンス最前線」をテーマに、5名の講師が登壇。プログラム・講演テーマは以下を予定している。入場無料、事前申し込み不要。

【プログラム】
13:00〜13:10
開会挨拶 大石 裕氏(慶應義塾大学常任理事・法学部教授)

13:10〜13:50
講演1. 『昆虫の交尾器とその多様な進化』
上村 佳孝氏 (慶應義塾大学 商学部 生物学教室 准教授)

13:50〜14:30
講演2. 『アリ社会の裏にある「裏切り者の取り締まり」と自己組織化』
辻 和希 氏 (琉球大学 農学部 亜熱帯農林環境科学科 教授)

14:45〜15:25
講演3. 『ヒアリをはじめとする外来昆虫類の化学的防除』
五箇 公一 氏 (国立環境研究所生物 生態系環境研究センター(生態リスク評価・対策研究室)/室長)

15:25〜16:05
講演4. 『昆虫と機械を融合したリビングデバイス』
森島 圭祐 氏 (大阪大学 大学院工学研究科 機械工学専攻 教授)

16:15〜16:55 講演5.
『フタホシコオロギの食料資源化に向けた研究』
三戸 太郎 氏 (徳島大学 大学院社会産業理工学研究部 准教授)

16:55〜17:25
総合質疑討論

17:25〜17:30
閉会挨拶 金子 洋之(所長・文学部教授)

2018年自然科学研究教育センター・シンポジウム「昆虫のサイエンス最前線」
日時:2018年10月6日(土)13:00〜17:30
場所:慶応義塾大学 日吉キャンパス 第4校舎B棟 J29番教室
URL:http://kumin-kyo.cocolog-nifty.com/

読み込み中

詳細地図


PAGE TOP