2019年1月1日(火・祝)〜1月7日(月)池上七福神めぐり

池上七福神は1981年(昭和56)年、日蓮聖人七百年遠忌記念につくられ、以降、正月松の内(1月1~7日)は多くの参拝客で賑う人気コースに。コースは自由だが、東急池上線「池上」駅からほど近い「曹禅寺」からスタートするコースがおすすめ。「曹禅寺→微妙庵→馬頭観音堂→本成院→厳定院→妙見堂→養源寺」と、徒歩で約2時間ほど。

池上七福神めぐりの色紙は、曹禅寺と養源寺で販売され、各寺院では御朱印のスタンプとお札をいただくことができる。寺院によっては、御守りや絵馬、破魔矢などを頒布。境内で奉納演舞やお神酒の振る舞いなどもある。このエリアには日蓮宗大本山池上本門寺を中心に数多くの日蓮宗寺院がありるが、七福神の寺院は「池上七福神めぐり」という赤い旗を立てているため、目印にするとわかりやすい。なお、馬頭観音堂の修繕のため養源寺に奉納されている。

【池上七福神の寺院】
微妙庵(毘沙門天) 大田区池上3-38-23
馬頭観音堂(大黒天) 大田区池上3-20-4
本成院(福緑寿) 大田区池上1-35-3
厳定院(弁財天) 大田区池上2-10-12
妙見堂(寿老人) 大田区池上1-31-11
養源寺 (恵比寿) 大田区池上1-31-1

池上七福神めぐり
日時:2019年1月1日(火・祝)〜1月7日(月)
場所:養源寺  ほか
URL(養源寺):http://ebara-shichifuku.com/

詳細地図


PAGE TOP