2018年12月31日(月)居木神社「年越大祓」

「大祓(おおはらえ)」とは、日本人の伝統的な考え方に基づくもので、「たまった罪や穢れを定期的に取り除こう」という神道の習わし。
形代(人の形に切った白紙)に託して、知らず知らずのうちに身についた半年間の穢れを祓い清める。

「大祓」は、6月と12月の月末に行われ、6月の大祓は「夏越しの大祓」、12月の大祓は「年越しの大祓」とも呼ばれている。年越しの大祓は、新年を清々しく迎えるための心身を清める祓いで、品川区内でも多数の神社で行なわれる。居木神社は、午後8時より古式に則り、年越大祓神事が執り行う。「形代」を12月31日までに神社へ納めると、大祓神事で祓い清められる。

年越大祓
日時:2018年12月31日(月)20:00〜
場所:居木神社
URL:http://irugijinjya.jp/

読み込み中

詳細地図


PAGE TOP