三ツ池公園

三ツ池公園
三ツ池公園

「三ツ池公園」は、JR京浜東北線・鶴見線「鶴見」駅の北西に約30haという広大な敷地面積を持つ緑のスポット。江戸期にかんがい用水として使われていた3つの池とその周辺を整備し、都市のオアシスとして、誰もが憩える県立公園となった。

開園は1957(昭和32)年。自然のままの地形が活かされている園内は、子どもたちが存分に駆け回れる「遊びの森」をはじめ、プールやテニスコート、野球場など、誰もが楽しめる施設を用意している。中国の遼寧省から友好の証として寄贈された「馬超龍雀像」、韓国の京畿道との友好を記念した「コリア庭園」では、どことなくエキゾチックな香りも漂う。また、春の桜も多くの人々を惹きつけ、78種1,600本以上の桜が咲き誇るさまは、全国の「日本さくら名所100選」にも選ばれている。

三ツ池公園
三ツ池公園

開園40年以上を経て、施設の老朽化が目立ち始めたため、2005(平成17)年に全面改良工事を実施。この環境を保全するべく市民のボランティア活動も活発で、「花壇クラブ」「里山クラブ」「水辺クラブ」といった環境整備のほか、公園内の自然を五感で感じる「環境探偵団」、公園周辺の歴史を学ぶ「縄文人になろう会」などのプロジェクトも誕生している。

三ツ池公園
所在地:神奈川県横浜市鶴見区三ツ池公園1-1 
電話番号:045-581-0287(公園管理事務所)
休園日:年末年始(12月29日~1月3日)
http://www.kanagawaparks.com/mitsuike/

読み込み中

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ


PAGE TOP